アシストインターナショナル:ゼロ磁場 塩素 活性水器 浄水器
販売店専用サイト:ゼロ磁場 塩素 活性水器 浄水器
はじめに:ゼロ磁場 塩素 活性水器 浄水器 ゼロ磁場とは:ゼロ磁場 塩素 活性水器 浄水器 強制磁場活性水とは:ゼロ磁場 塩素 活性水器 浄水器 家庭用(ネオマジック HYPER・ZERO-G):ゼロ磁場 塩素 活性水器 浄水器 業務用(ネオマジック ウォーターシステム):ゼロ磁場 塩素 活性水器 浄水器 研究開発(ゼロ磁場ドーム):塩素 活性水器 浄水器 ゼロ磁場イオン発生機(ゼロストリーマー Zero Streamer):空気清浄 脱臭 除菌 集塵 オゾン 会社案内:アシストインターナショナル ゼロ磁場ショップ:ゼロ磁場 塩素 活性水器 浄水器
ネオマジック:ゼロ磁場 塩素 活性水器 浄水器
■試験データの一部紹介■
   ヒメダカに対する急性毒性試験

  
レジオネラ菌検査

   一般細菌 大腸菌検査

   セメント圧縮強度試験
磁化整水装置処理水のヒメダカに対する急性毒性試験(塩素 等) 
内 容

最 終 報 告 書
磁化整水装置処理水のヒメダカに対する急性毒性試験
(スクリーニング試験)
試験番号 : 4995 ( 300-002 )
2000年4月28日
試験委託者
株式会社 アシスト技研
財団法人
食品農医薬品安全性評価センター
 1.試験委託者
   株式会社 アシスト技研
 2.表題
   磁化整水装置処理水のヒメダカに対する急性毒性試験
   (スクリーニング試験)
 3.試験番号
   4995 ( 300-002 )
 4.試験方法
   本試験は、農林省農政局長通達(40農政B第2735号)の
   「魚類に対する毒性試験法」に準じて実施した。
    被験物質:磁化整水装置処理水
    暴露方式:止水式
    磁化整水装置:NEOMAGIC SUPER(製造番号:12773)
    供試生物:ヒメダカ (体長2.5±0.2p,体重0.25±0.07g)
    試験区:対照区および磁化整水装置処理水区
    暴露期間:96時間
    試験液量:5L
    生物数:5尾/1濃度区(0.3g/L)
    照明:13時間明/11時間暗
    エアレーション:無し
 5.結果
  5.1.死亡率
      磁化整水装置処理水に96時間暴露したヒメダカの
      死亡率は0%であった。
      なお、対照群の死亡率も0%であった。

  5.2.毒性症状
      対照群および磁化整水装置処理水群においても、暴露
      期間中、一般状態に異常は観察されなかった。

 6.結論
   磁化整水装置処理水にヒメダカを96時間暴露した結果、一般
   状態に異常は観察されず、死亡例も認められなかった。


        2000年4月28日  試験責任者   大 石 法 男
 
レジオネラ菌検査 
内 容




 試験機関:株式会社食環境衛生研究所(食環研)
 検体名:浴槽水

   注)浴槽水の水質基準 10cfu/100ml未満

■検査結果報告■
 第1回目 2004年1月30日採取
  循環タンク設置時採取 (※タンク設置前データ)
        菌数 6.9×103 ⇒ 6,900

 第2回目 2004年3月19日採取
  タンク設置 約50日後
        菌数 2.2×103 ⇒ 2,200

 第3回目 2004年7月7日採取
  タンク設置 約5ヶ月後
        菌数 4.5×102 ⇒   450

 第4回目 2004年9月2日採取
  タンク設置 約7ヶ月後
        菌数         ⇒     2

 第5回目 2004年10月15日採取
  タンク設置 約8ヶ月後
        菌数         ⇒     0
一般細菌 大腸菌検査 
内 容
 試験目的:一般細菌及び大腸菌の処理水での死滅時間
 試験機関:韓国・個人大学校自然科学大 環境保険学科
 実施日:2000年6月19日
  ※地下水20L+大腸菌培養液5mL
        注:CLEAN POWER⇒ネオマジックスーパー設置の処理水

セメント圧縮強度試験 
内 容


 試験機関:財団法人 大分県建設技術センター
 実施日:2000年11月13日
 供試体の名称:GRC(40×40×16)
 配合:モルタル 1:0.8


磁化水を使用することにより、圧縮強度13%アップ